自分でも気づかない内に近隣トラブル発生?~庭の手入れは怠らない~

芝刈りや間伐、剪定を行なった後は自分でキレイな状態を維持する

ガーデニングしやすい庭を維持する~芝刈り・間伐・剪定後のケア~

業者に芝刈りや間伐、剪定を依頼した後に自分でメンテナンスをすることで、庭の環境をある程度良い状態で保つことができます。また、庭をキレイに保つことでガーデニングをさらに楽しむことができます。ここでは手入れ方法について紹介していきます。

手軽にできる手入れ方法



芝生の雑草をなんとかしたいです
天然芝生を使用しているのであれば、雑草問題は避けては通れないものとなります。その際は除草剤を使うか、草取りをするなどで解決するのが一般的といえるでしょう。もしそれ以外の方法でどうにかしたいと考えているのであれば、人工芝などはいかがでしょうか。人工芝に変更すれば、芝生から雑草が生えてくることはなくなります。また芝刈りの必要性もなくなるので、非常に楽です。
自分で剪定するにはどうすれば良いですか?
まず剪定用のハサミが必要となってきます。剪定バサミがあれば、庭木の剪定を初心者でも簡単にすることができるのです。この剪定バサミは切れ味バツグンな上、切る際に力をそこまで必要としません。そのことから、女性でも扱いやすいアイテムといえます。ちょっと枝を切る程度であれば剪定バサミ1本で、大した労力も必要とせずに作業を終わらせることができるので便利です。

間伐は業者に任せる

庭木を間伐する際は庭木の太さによって難易度が変わってきます。幹が太い庭木はノコギリでは切ることは困難となるでしょう。幹が太い場合は、チェーンソーのような、パワフルな電動ノコギリを用意することが必須条件となります。しかしチェーンソーを扱うのは難しい上に、危ないので間伐をする際は業者に作業を任せるのが1番です。

仕上がりにこだわるなら

剪定

剪定はただ枝を切り、数を減らすだけの単純な作業ではありません。枝には切り方があり、ものによっては切る位置も大まかに決められているのです。初心者の人が剪定をすることはできますが、プロと比較すると仕上がりが大きく異なってきます。自分で剪定をするのは難しいという場合は、無理をせずに業者に任せましょう。また芝刈りや間伐なども毎回業者に依頼しなくても済むように、業者の定期作業を利用しておくと良いです。

TOPボタン